★プロフィール★

島崎保彦 (しまざき やすひこ)

昭和8年 東京に生まれ、鹿児島で育つ。
昭和31年 学習院大学経済学部卒業。
産経新聞、東京放送を経て昭和39年 広告会社 (株)シマ・クリエイティブハウス、
昭和55年ラジオ・テレビCM&番組制作プロダクション (株)トウツウ・エスシーエイチプロダクションズ(略称トッシュ)創立。
代表取締役社長となる。
幼稚園へは登園拒否を重ね、ついには退園。小・中学校の頃は“ひとりぼっち”が大好き。家族ともなじめず過ごす。
しかし、高校で一大転機が訪れ、“ひとりぼっち症候群”の汚名を返上。今や“人間大好き”。
ひとけの少ないリゾート地では3日ともたないまでに変貌を遂げる。口は悪いがロマンチスト。豪放磊落にして繊細。広告界の一匹狼。

 

・日本ペンクラブ会員 (http://www.japanpen.or.jp/)
・日本エッセイスト・クラブ会員 (http://essayistclub.jp/)
・東京コピーライターズクラブ会員 (http://www.tcc.gr.jp/index main.html/)
・東京南ロータリークラブ会員 (http://www.rcts.jp/)
・社団法人 自由政治懇話会 理事長
・アストンマーティンオーナーズクラブ(ジャパン)代表 (http://www.amocj.org/
・シーボニアヨットクラブ (前) 理事長 (http://www.seabornia.org/)

 

<代表的な仕事>

ハナマルキの「おかあさん」CFシリーズ、マルタイラーメン「お月さん」CFシリーズ、伊藤園「おーいお茶」CFシリーズ、
毎日新聞「We Love the Mainichi」新聞企画、サンスター「スーパーカーショー」プロデュース、堀江謙一「北極点冒険大帆走」イベントプロデュース、
カネボウ化粧品「Welcome, Mrs.Thatcher!」新聞企画、社会党飛鳥田一雄をはじめ選挙キャンペーン演出、
2002年ダンヒル カップ「相模湾オープンヨットレース」プロデュースなど、
数々の企画演出制作により、朝日広告賞、毎日新聞広告賞、東京コピーライターズクラブ新人賞その他受賞多数。


<著書>

   
白い雲を返せ ヤングは発言する 君は四角い太陽を見た事があるか

「白い雲をかえせ」
(産業能率短期大学出版部)

 

「ヤングは発言する」
(産業能率短期大学出版部)

 

「君は四角い太陽を見たことがあるか」
(日本コンサルタント・グループ)

 

ジャーナリズムと広告の歴史 宵越しのゼニはもつな! 社長の壁新聞

「ジャーナリズムと広告の歴史」
(青葉出版)


「宵越しのゼニはもつな!」
(アイ・ブック)


「社長の壁新聞」
(PHP研究所)


アッという間に、消えちゃった。 僕は生きるぞ、生き抜くぞ!

「アッという間に、消えちゃった。」
ーガン患者が書いた「切らずに治す」重粒子線治療ー
(K&Kプレス)


「僕は生きるぞ、生き抜くぞ!」
ーガン患者が書いた「切らずに治す」重粒子線治療ー
(K&Kプレス)



「彦次郎少年の密航奇譚」
ー英船ドラメルタン号と種子島の人々ー
(K&Kプレス)

南日本新聞社編 桑畑正樹 著
島崎保彦 (まえがき)


最新刊 2015年1月発売!!



他、「ぼくのまわりには実感人間がいっぱいだ」  「負けてたまるか!」 (共にダイヤモンド社) など



●モノ書き島崎保彦のヒトリ言●

アイデアをコピーにする作業は、とても難しいものです。
〈ネバーギブアップ〉にするか、〈ネバーセイダイ〉にするか、
それとも〈ネバーセイキャント〉にするか。
今でも、一晩中眠れないときがあります。

もどる

Copyright(C)2009 SIMA CREATIVE HOUSE All right reserved.